Pagelist

収納のテクニックについて

収納のテクニックについて 引き出しなどの収納に関しては、いらないものを使うというテクニックが役立ちます。例えば牛乳パックなどは、よく洗って乾燥させた後、注ぎ口部分を潰して平らにし、カッターで正面部分を切り取ると長方形のケースになります。こうしたケースは収納の役に立つだけでなく、簡単に作れて捨てることも出来ます。掃除の手間が減るだけでなく、元手がかからないので節約に持つなります。また、同じサイズのケースが幾つもあると見た目にも整って見えますし、引き出しの仕分けに使うので、人から見られル心配がないのです。

他にも役に立つテクニックとしては、要らなくなった紙袋です。紙袋も好きな部分で切り取れば深さを自由に決められるほか、厚紙でできているものはしっかりしているので、洋服などの小分けに役立ちます。そうじをするときもケースを取り出すだけですぐに引き出しをカラニすることができるので、余計な手間がかからないのです。強度に不安があるという場合には、同じサイズの紙袋を2枚重ねたり、牛乳パックも2つを組み合わせて作ればかなりかたくなります。このように収納や掃除を楽にするテクニックとして「普段は捨ててしまいがちなアイテムを再利用する」というのが役に立つのです。

お薦めサイト

Copyright (C)2014収納のテクニックについて.All rights reserved.